Gボールにチャレンジ! → バランス編♪

お問い合わせTel: 03-5787-7298

法人会員 リンク サイトマップ よくある質問

ちゃれんGボールデーEvents

全日本ちゃれんGボール大会  ■計測部門  ■シンクロ演技  ■オープン演技


<第17回 全日本ちゃれんGボール大会>

計測競技部門 目指せちゃれんGボールマスター!

以下の種目で、各競技種目の順位を総合して、1部と2部のそれぞれで順位を決定する。

 バランス

■ 1部

スタンバイ後、両手両足を途中で床に付くことなく次のような運動を繰り返す

【動きの流れ】
  スタンバイ (5秒)
→ 十字バランス (5秒)
→ 移行:ボールを横に転がしながら (5秒)
→ ヒップバランス (5秒)
→ 移行:ボールを横に転がしながら (5秒)
以上を繰り返す



●繰り返したセット数をカウントします
※ ヒップバランスの際、脚でボールをはさんだり、押さえたりして固定しないこととする

・ 5秒ごとに鳴らす音に合わせて、次の動作をスタートさせる
・ 移行から十字バランス5秒まで完璧にできたところまでのセット数をカウントする
・ セット途中で終了した場合は、そのセットは切り捨て
・ 最高10セットまでとする

例〕 5セット目のヒップバランス5まで成功し、次の十字バランスへ移行する途中で足が床に付いてしまった場合、記録は4セットとなる



■ 2部

ヒップバランスの時間を計測する(最高3分間まで) 



 バウンド

■ 1部

両手両足を途中で床に付くことなく次のような運動を繰り返す

【動きの流れ】
→ 下向きバウンド ×4
→ ヒップバウンド ×4
→ 下向きバウンド ×2
→ ヒップバウンド ×2
→ 下向きバウンド ×1
→ 切り返し ×1 (下向き → ヒップ → ひねって下向き))



●切り返しまで完璧にできたところ(ひねって下向きバウンド1回成功)までのセット数をカウントする

・セット途中で終了した場合は、そのセットは切り捨て
・最高10セットまでとする



■ 2部

両手両足を途中で床に付くことなく次のような運動を繰り返す

→ 下向きバウンド ×4 
→ ヒップバウンド ×4 
→ 下向きバウンド ×2 
→ ヒップバウンド ×2 
→ 下向きバウンド ×2 
→ ヒップバウンド ×2 

・ セット途中で終了した場合は、そのセットは切り捨て
・ 最高10セットまでとする



 ローリング

■ 1部

ボール2個を使用し、次のような運動を繰り返す。尚、すべり台のときは両足、スーパーマンのときは両手が床に付いてよいものとする

【動きの流れ】
→ すべり台 ×2
→ スーパーマン ×2
以上を繰り返す



※すべり台では、前に置いたボールの上を
膝より下の部分から背中までがしっかりと接していること。その際、足裏のみ床に触れることができる

※スーパーマンでは、両足で挟んで持ち上げたボールが
膝より下の部分から首のうしろまでしっかりと転がっていること。その際、手の平と足裏のみ床に触れることができる

●ボール上でローリング動作を行う度にカウントを数える(1往復で4カウントとなる)
・ 制限時間を1分間とする 



■ 2部

2個のGボールの上をすべり台のローリング動作で連続して2回行い、向きを変える。ボール上でのローリング1動作を1カウントとする(制限時間1分間)
この際、補助者はボールを適切な場所に調整することができる。但し、実施者の身体を触れてはいけない。


大会のページへ

日本Gボール協会 事務局お問い合わせ

〒101-0025
千代田区神田佐久間町3-20-5-B1F
TEL: 03-5787-7298
FAX: 03-5787-7296
メール:office@g-ball.jp